寝ても覚めてもこんぴうた

プログラム書いたり、ネットワーク設計したり、サーバ構築したり、車いじったり、ゲームしたり。そんなひとにわたしはなりたい。

sbtとactivator(Typesafe Activator)の違いとは

概要

Scalaを書いていると避けて通れないのが、sbt と activator(Typesafe Activator)。 この2つの違いは何か調べてみた。

端的に違いって何よ?

ちょっとだけ使ったことがある人は、この2つのコマンドはよく似てるなぁと感じたと思う。

正解。

この2つは親子のようなものであり、activator は sbt にちょっとだけ機能を追加したものである。

違いってどんなもの?

sbt に対して activator には以下のコマンドが追加されている。

  • activator ui

  • activator new

そのコマンドって何者?

activator ui

Typesafe Activator のWebアプリケーションを起動し、ブラウザを起動します。 新規プロジェクトのテンプレートの作成を気軽に行えたり、Webアプリケーション上でコードの記述やコードのbuildを実行することができます。

activator new

activator uiを利用することでGUIを利用した新規プロジェクトのテンプレート作成が行えますが、activator new コマンドを利用することでCUIを利用したプロジェクトのテンプレート作成が行えます。

その他コマンドは?

activator コマンドにはその他いろいろ引数を渡すことが可能であるが、そのほとんどがsbtコマンド由来のものである。