寝ても覚めてもこんぴうた

プログラム書いたり、ネットワーク設計したり、サーバ構築したり、車いじったり、ゲームしたり。そんなひとにわたしはなりたい。 投げ銭は kyash_id : chidakiyo マデ

Google IME の変換がなんかちょっとアホになったので辞書と入力履歴をリセットした

最近、長文の記事などを書いてレビューしてもらうと謎の誤変換が多発していて、おそらくGoogle IMEがおかしな変換を学習してしまった予感がしたので、すべてリセットしてスッキリさせた。

結論を先に書いてしまうと、この記事を書き始めた段階では非常に快適な予感がしている。

多分おかしくなった原因

自分の場合には短文(単語ぐらいの単位)で変換を多用している。

以前どこかで、長文で変換するスタイルと短文で変換するスタイルがあると見た気がするが、その後者のやり方をしている。
個人的にはこのやり方が変換をミスってもやり直ししやすく、効率が良いように感じるため。

長文だと単語の切れ目を変更したり、間違ったら再変換をするのも面倒なので。

そんな変換スタイルで度重なる誤変換をすることでおかしな変換を学習したのではないかと思っています。
同様の変換スタイルの人にはぜひ下記する方法を試してみてほしい。

Google IMEの設定はいずこ?

Macの右上のメニューから変換の環境設定を選択しましょう。

そうするとGoogle日本語入力の以下のような設定画面が表示されます。

辞書のクリア

「辞書」タブを選択し、「学習履歴のクリア」を実行しましょう。
実行してもおかしなことにならない気がするのでパパっと押してしまって良さそうです。

またおかしな変換に悩まされることを回避するために、学習機能を「無効」にしても良さそうです。
「有効(新規学習はしない)」という設定もあるので、お好みで設定して良さそうです。

ちなみに公式ドキュメントには以下のように書かれています。

[有効] 学習機能を有効にします。初期設定では学習が有効になっています。

[有効 (新規学習はしない) ] を選択すると、この設定を行った以降の入力パターン学習が行われなくなります。

[無効] 学習機能を無効化します。無効にしても学習履歴は削除されません。

https://support.google.com/ime/japanese/answer/166765?hl=ja

サジェストのクリア(入力履歴を削除)

多分これは過去の入力履歴から入力途中で良さそうな単語をサジェストする機能っぽいです。
これも思い切って「未使用の履歴を削除」「全入力履歴を削除」をしてしまいましょう。

公式ドキュメントには以下のように書かれています

未使用の履歴を削除 : ユーザーの入力履歴に基づき表示されたサジェストの中でも、一度も変換候補として選択されなかったものを削除します。

全入力履歴を削除 : これまでの入力履歴がすべて削除され、今まで入力履歴に基づき表示されていたサジェストも表示されなくなります。

あと、サジェストの候補数もデフォルトで3件ぐらいになっていると思いますが、
9件にしたほうが個人的には好きなので9件にしてしまいます。

設定の適用

「OK」ボタンを押さないと細かい設定は有効にならないようなので必ずOKを押して終了しましょう。

ここまでやると変換のちょっとクセ強になってしまったものも標準の状態になって少し使いやすくなった気もします。
またコツコツ育てていきましょう。

ではでは。

参考リンク

support.google.com

support.google.com

Mac 版の MS Word でダークモードになってしまったので解除する

こんにちは、最近はSpreaedsheet / Excel方面とばかりイチャイチャしていますが、
MS Word(Mac版)を利用しようとしたところ、システム設定のダークモードを勝手に引き継いでしまって使いづらかったので解除方法を書きます。

Word のダークモードは2段階ある!?

多分、Word のダークモードには、「原稿部分のバックに対するダークモード」、「背景全体に対するダークモード」の2つがありそうです。

リボンのところの設定でダークモード解除できそうに見えましたが、原稿部分のバックだけのダークモード解除だけできるようだったので、完全にダークモード解除する方法を下記します。

解除方法

1 . 「環境設定」を開く

Macの左上のメニューから「環境設定」を選びましょう。

2 . 「全般」を選択する

左上の「全般」を選択します

3 . 「個人用設定」の「ダークモードをオフにする」を選択

「ダークモードをオフにする」を選択します、ここで「ページの色は白くなります」を選択すると多分先程のリボンの設定と同様になると思います。(ためしてない)

まとめ

Office系を一式インストールしたら、起動項目にガンガン入れてくるので相変わらずのMS仕草だなーと思いつつ、ほほえましい気持ちでWordを使っていきましょう。

macOS 14(Sonoma)で壁紙クリックするとデスクトップ表示になるのにイラッとしたので直した

早速macOSをSonomaにアップデートしてルンルンで使っていたのですが、デスクトップをクリックすると、何故かデスクトップ表示をするという機能が追加されてしまっていた。
自分の場合にはホットコーナーでデスクトップ表示する機能も使っていたし、デスクトップ表示する場合はだいたい何かをドラッグしている場合だったりするので、クリックしてデスクトップ表示というふるまいと相性が悪いので無効化することにした。

早速無効化の方法

設定の場所としては

設定 > デスクトップとDock > デスクトップとステージマネージャ

という項目で設定が可能。

具体的な設定方法としては、上記設定項目を辿ったあとに、
「壁紙をクリックしてデスクトップを表示」という項目が「常に」になっている箇所を「ステージマネージャ仕様時のみ」に変更すれば良いみたい。

自分の場合には、上記設定をしても何故か有効化されず、
「ステージマネージャを一度有効化して、再度無効化」することで壁紙クリックが無効化になった。

<図>

おまけ

ステージマネージャってなんなん?って思ってちょっとだけ触ってみたが、
タブレットOSから来た機能なのかな?なんとなくiPadで作業していて使いづらいappのswitchをやりやすくする機能っぽい雰囲気を感じた。

イメージとしては AltTab とかの 「commant + tab」を押したときに表示されるサムネイルを常に出しておくみたいな感じ。
Windowsの人ならタスクバーに出ているアプリを切り替えて使ったりすると思うのでそれにも近い。

慣れたら使いやすい人もいそうだけど、自分の場合には画面を広く使いたいので無効化した。

あともしかすると複数のアプリを同時に開いて(横並びにして)作業するとかはできないのかな?
自分の場合には5k4kディスプレイで複数のアプリを並べて作業しているのがうまくやれなサそうだった。(設定ちゃんと見てない)

ではでは

VSCodeのVimプラグインが原因で入力がおかしくなったので治す

はじめに

VSCodeVimプラグインを入れて使っていたが、ある日突然入力がぶっ壊れておかしなことになってしまった。
どうやらVimプラグインのバージョンを下げることで対処できそうだが、ちょっと大変だったのでメモを残す。

code コマンドをインストールする

Vimプラグインの古いバージョンを入れるときには code コマンドを利用すると良さそう。
だが、command not found になるのでまずはインストールする。

  1. shift + command + P でパレットを開く。
  2. Shell Commandz: install code command in PATH を選択しインストールする。

vimプラグインの古いバージョンをインストールする

  1. `control + `` (つまりjisキーボードなら control + shift + @) を押し、ターミナルを起動する
  2. code --install-extension vscodevim.vim@1.25.2 を実行する

念のため再起動

念のためVSCodeを再起動しました。

これで問題なく修正されているはず。

おしまい。

figmaよく使う/使いたいショートカット(備忘録)

最近figmaを使い始めようとしていますが、やはりこの手のツールはショートカットを使いこなしてなんぼ、みたいなところもあると思います。
昔はイラレ、フォトショをもりもり使ってはいたけど改めてfigmaでヨチヨチスタートするために便利そうなショートカットをメモしていきます。

なんかvimを使い始めたあの頃のアレを思い出します...

とても使いそう

space で手のひらツールにして画面をスクロール

手のひらツールに変更するのは「H」キーでも変更できるのですが、「space」を利用した場合には「押している間だけ手のひらツールになる」という挙動になります。
個人的には、illustratorの「ctrl + space」のズームツールと「command + 0」の全体表示を多用していたので、そういう操作感のあるショートカットを求めていたのですが、一旦、目的のものを画面上から探す際にはこれも便利と思って使っています。
また、トラックパッドの人はこのあたり困らずにトラックパッドで自由に拡大縮小移動ができるかと思いますが、私はマウスを利用しています(補足)

うっ、急に眠気が・・・

<また追記します>

Google Dominから移行する際に注意したほうが良さそうなDNSSECの話

こんにちは。
GoogleGoogle Domains を Squarespace 社に売却してしまいますよ、というニュースが数日まえに発表され、界隈がざわめいていますね。

既存の Google Domains を利用しているアカウントの人はそのまま Squarespace へ移行され、特に何もする必要はないとアナウンスされていますが、
個別で移行を検討されている場合、DNSSECの設定がされていると問題が発生しそうだったので少し調べてみました。

DNSSEC とは

DNS応答に添付された署名を受信側で検証することにより、正しい相手から届いた正しいデータであることを確認できるようにするための技術

らしいです。

DNSSEC 何が嬉しい?

受信側で送った人が正しいということを検証するため、キャッシュポイズニングなどに対する耐性があります。(すごくざっくり)

DNSSEC 使っているかの確認

コマンドで調べる場合

dig コマンドで確認できます。

実行例

dig +dnssec group.ntt

ANSER SECTION で RRSIG レコードが帰ってきている場合、DNSSEC が有効化されていると判断できます。

例:

;; ANSWER SECTION:
group.ntt.      3473    IN  A   45.60.83.32
group.ntt.      3473    IN  A   45.60.134.32
group.ntt.      3473    IN  RRSIG   A 13 2 3600 20230709032542 20230608032542 39982 group.ntt. 985m3NeuAmDoxge696yATY6DawqYk8MkUeP7uHbv13hqLnCHdamcmbYb hLvrnzPQW2DCTdMKmAcblArVaWu8ww==

WEB で調べる場合

https://dnsviz.net/ などを利用して調べることができます。
以下の図のような感じで、 group.nttDNS サーバ(レコードを返却している末端のサーバ)に DNSKEY の設定が見えている場合には DNSSEC が有効化されていると思って良さそうです。

DNSSEC が有効になっているドメインGoogle Domains から他のレジストラに移行する場合。

DNSSEC の設定を 移行前に無効化し 移行を行う必要があるようです。

これが漏れていると、見かけ上 DNS の移行が済んでいても、名前解決ができないという罠にハマってしまいます。

きをつけましょう。

参考

重要技術 DNSSECって何?

DNSViz | A DNS visualization tool

Google Domains終了へ!移管の際はご注意ください - Value Note - わかる、なるほどなIT知識。

gcloud コマンドの統計情報の設定を変更する

gcloud コマンドを gcloud components update コマンドを実行しようとした際に、
統計情報のoptinをうっかり Y してしまったので、無効化するコマンドを調べた。

gcloud コマンドの統計情報の取得を有効化/無効化するコマンド

コマンド自体は gcloud config set の中にあり、

無効化する場合(送ってほしくない場合)

gcloud config set disable_usage_reporting true

有効化する場合(送っても良い場合)

gcloud config set disable_usage_reporting false

となっています。

disableに対してのフラグなので truefalse が気持ち逆な感じもありますが、
そういうものだと思って実行しましょう。

ではでは。

参考

Usage statistics  |  Google Cloud CLI Documentation